国民年金の老後の遺族年金について

シニア
スポンサーリンク

老後の生計のために必要なお金といえば年金ですが、主に自営業者が加入する国民年金の場合、主となる働き手の夫が亡くなった場合には遺族年金がもらえます。

遺族年金の種類

「遺族基礎年金」

遺族基礎年金は、受給要件を満たしている場合、亡くなられた方によって生計を維持されていた「子のある配偶者」または「子」が受け取ることができます。
18歳未満の子供がいる場合です。

給付条件 ・加入期間の2/3以上が保険料納付済期間であること
・支給対象に年850万円以上の収入または年655万5千円以上の所得がないこと
・支給対象が、亡くなった人によって生計が維持されていた場合
給付対象 ・18歳未満の子どもがいる妻・夫
・18歳になった年度の3月31日を超えていない子ども
※(1級・2級障害者なら20歳未満)
給付額 ・18歳未満の子どもが1人……年間1,004,600円(780,100円+224,500円)
・18歳未満の子どもが2人……年間1,229,100円(780,100円+224,500円×2)
・18歳未満の子どもが3人……年間1,303,900円(780,100円+224,500円×2+74,800円)
・4人以降……年間1,303,900円+4人以降の子ども1人につき74,800円
支給期間 ・子どもが18歳になるまで(18歳の年度末まで)
※夫・妻の死亡時に30歳未満だった配偶者が受け取る場合は、遺族基礎年金の受給資格を失ってから5年間

 

18歳未満の子供がいない場合は「寡婦年金」と「死亡一時金」がもらえます。

「寡婦年金」

給付される条件 ・保険料納付済期間が合計25年以上であること
・支給対象が、亡くなった人によって生計が維持されていた場合
給付対象になる遺族 ・亡くなった夫と10年以上継続して婚姻関係にあった妻
※妻がすでに自身の老齢基礎年金を受けとっていた場合は給付対象にならない
給付額 夫が本来受け取るはずだった老齢基礎年金の3/4
支給期間 ・60~65歳までの5年間

夫が保険料を40年間しっかりと納付していた場合だと、老齢基礎年金は満額で780,100円(年間)になります。

その金額の3/4なら、寡婦年金で受給できる額は年間でおよそ58万円です。

「死亡一時金」

死亡一時金は寡婦年金と違って、一時金として一回だけ支払われます。

給付される条件 ・遺族が遺族基礎年金の支給を受けられない場合
・亡くなった本人が、36月以上保険料を納めていること
・支給対象が、亡くなった人によって生計が維持されていた場合
・寡婦年金を受け取らないこと
給付対象になる遺族 ・配偶者
・子ども・孫
・父母
・祖父母
・兄弟姉妹
給付額 ・12~32万円(保険料を納めた月数に応じて異なる)
※付加保険料を納めた月数が36月以上ある場合は、8,500円が加算される
支給期間 ・1回の支給

支給される優先順位は、【配偶者→子ども→父母→孫→祖父母→兄弟姉妹】となっています。

寡婦年金を受け取る場合は、死亡一時金は利用できないので注意してください。