おならがよく出る原因は加齢か病気か

食事と栄養
スポンサーリンク

おならは誰でもするものですが、回数が多くなったり急に増えたりすると何かの病気かと心配になるものです。
必要以上に心配しないためにも、おならがよく出る原因を確かめましょう。

おならとは何か

おならのほとんどは口から取り入れた空気です。
呼吸の数だけおならの回数も増えます。
会話を多くしたり、食事の時に空気も一緒に多く吸い込んだりするとその分だけおならもよく出ます。

おならが出ることは、もちろん自然なこと。
目安ですが、回数は約8~20回(平均約14回)程度、量にして200~1500ml(平均360mL)くらいといわれています。

おならは病気ではないので、たまらないように順次出すことが大切です。
人とたくさんしゃべったり、飲み会があったりした日は急におならが増えたりもしますが、それも自然なことです。

私のおすすめはこのサプリ

おならがよく出る原因

長時間座っている
長時間座った姿勢でいると腸が圧迫された状態が続きます。
そうなることで腸の働きが悪くなりおならが溜まりやすくなります。

おならを我慢している
おならをしたいけどできない状況が続くとガスがたまっていきます。
すると、腸に負担がかかり便秘がちになって悪玉菌が増えます。
するとおならがよく出るようになります。

腸疲労(加齢による)
食べすぎや飲みすぎが続くと腸に負担がかかります。
腸が消化を続けると疲れで機能が低下します。
すると消化不良が起こり便秘や下痢、臭いおならが出る原因になるのです。
また、同様に加齢で腸の働きが悪くなると臭いおならが出るようになります。

悪玉菌が増えている
お肉などの動物性食品は悪玉菌の好物です。
悪玉菌がたんぱく質を分解する時に臭いおならが発生します。
焼き肉やステーキを食べた翌日に臭いおならが出るのはこのためです。
野菜や食物繊維もバランスよく摂りましょう。

食物繊維を多く摂っている
焼き芋など食物繊維を多く含んだ食べ物を食べると善玉菌が増えてガスが多くなります。
しかし、この場合は臭いはあまりなく健康的なおならです。

ストレス(過敏性腸症候群)
精神的ストレスや情緒不安定などが原因で、腸のぜん動運動に異常が起こり、腹痛をともなう慢性的な下痢や便秘などを引き起こします。
下痢と便秘が交互に起こったり、何週間も下痢が続いたり、一時的に治まり、その後再発するという現象を繰り返すこともあります。
また、腸内の環境が乱れるため、腸にガスが溜まって、お腹がゴロゴロと鳴ったりおならが多く出るようになります。

病気(大腸がん)
大腸がんの多くは、初期の場合は検査を受けないとわからない血便が出るくらいで、ほとんど自覚症状がありません。進行すると大腸が狭くなってがんこな便秘となり、弱い音のおならが出るようになります。さらに腹部にしこりを感じたり、便が細くなったり、下痢、腹痛などの症状があらわれることがあります。

呑気症
一度にたくさん食べた、急いで食べた、話しながら食べた、飲み物と一緒に食べたなどの時に、無意識に空気をのんで起こる病気です。
炭酸飲料を避け、ガスを発生させやすいキャベツ、玉ねぎ、豆などは控えましょう。腸内環境を整えるヨーグルトがおすすめです。

慢性胃炎
原因の約8割がピロリ菌の感染によるものですが、その他、非ステロイド性抗炎症薬の副作用や慢性的なストレスなども原因になると考えられています。胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返されて治りにくくなっている状態です。胃の機能が低下するため、おならが増えたり、突然胃痛や吐き気が起こり、多くは膨満感、胃もたれ、胃痛、胸やけ、吐き気、げっぷなどの症状が慢性的に繰り返され、胃潰瘍に進行することもあります。

私のおすすめはこのサプリ