お年寄りや老人に便利!コンパクトで座れるシルバーカーの選び方

生活

シルバーカーの種類

今やシルバーカーはシニアのお供
高齢者の外出の強い味方といえばシルバーカーですね。
昔は歩行の補助といえば杖でしたが、今は道路も整備されて段差が少なくなっているので、タイヤの付いた車でも押しやすくなりました。
以前は手押し車とも呼ばれていましたが、最近では座れるタイプなど様々な種類があります。

似たものに歩行器がありますが、こちらは歩行の補助、転倒の防止のためのもので、目的が異なります。

シルバーカーは歩く人がより便利に使えたり、座って休んだりできるため幅広く利用されています。
健康の面でも4輪でサポートされているので、転倒が少なくなって身体のためにもおすすめです。

では、どのようなシルバーカーのタイプを選べばいいのかみていきましょう。

座れるタイプ

なんといっても便利なのが座れるシルバーカーではないでしょうか。
ちょっとスーパーまで買い物に行く距離がつらくなるのがシニアです。
でも、運動や散歩もしたいというときに休みながら進めるのはうれしいですね。
そういった方は座れる座面のあるタイプを選びましょう。

コンパクトタイプ

便利なものでも、重たいと使うのが億劫になりがちです。
そんな方は3キロ以下の軽量タイプを選びましょう。
簡単な荷物は運べますが大きなものは運べませんので注意しましょう。
足が不自由、膝が痛い、といった方も歩行器の代わりに近い形で利用できます。

収納力タイプ

まだまだ毎日の買い物で野菜や飲み物を買う方は収納ボックスが大きなシルバーカーを選びましょう。
重量で8キロまで耐えられるものやそれ以上のものもあります。
その代わり、荷物を載せた後が重たくなりますので、移動の途中に階段があると大変です。
家やマンション、スーパーにエレベーターやスロープが整っているかどうか確認しましょう。

デザイン重視タイプ

まだまだ見た目にもこだわりたいかたはデザイン性重視のものもあります。
収納部分がおしゃれなカバンになっていたり、形状がスリムなものもあります。
その代わり、座れなかったり荷物の量が少ない、などのデメリットもありますので慎重に検討しましょう。

キャスターのタイプ

スムーズな利用に欠かせないのがキャスターの機能です。
3つの種類があり、直進固定、左右〇度固定、360度回転があります。
直進固定は安定感が最もあります。
360度回転は小回りが利きますがカーブの際に注意をしないと転倒の危険もありますので注意しましょう。

細かな機能

高さ調節があるか
シルバーカーではハンドルの高さが合っているかが重要です。
低すぎると腰が曲がってしまいますし、高すぎると肩が上がって窮屈になります。
自分の身長に合わせてちょうどよい高さに調整ができるかを確認しましょう。

ブレーキ機能

坂道や信号の場面ではブレーキも重要です。
両手にブレーキが付いたタイプと1つの握りでブレーキをするタイプがあります。
いざというときに事故を防ぐものになるため慎重に選びましょう。

安全のためのSG規格

SGマークは一般財団法人製品安全協会が定める、製品の安全性に関する基準に合格した生活用品につけられるマークです。乳幼児用品、福祉用具、台所用品、家具類、スポーツ・レジャー用品などを対象とし、安全基準に合格していることを証明するものです。

SGマークがついていてその製品に欠陥があり、人身損害が発生して、欠陥と人身損害の間に因果関係があると認められる場合には、最高1億円までの賠償措置が講じられることもあります。

シルバーカーを愛用している方の口コミ

おばあちゃんも喜び

https://www.instagram.com/p/Bhl64NeFnBx/より) 

あんなに拒否していたシルバーカーも、プレゼントすると快く受け入れてくれました。
自分で歩けるのはうれしいようです。

おばあちゃんにプレゼント

https://www.instagram.com/p/BhTn70elK_1/より)

最近、歩ける距離は短くなってきたけれど少しでも自分で歩きたいという思いを応援するためにおばあちゃんにプレゼントしました。
これ、おしゃれって評判です。

 

おしゃれでコンパクトな人気のシルバーカー

カゴノアM
39cmの低座面で疲れにくい。女性にやさしいショッピングカート

人気のシルバーカーカゴノア

女性の身長に合わせて座面の高さを39cmに。大きい背もたれ付きでゆったりと座ることができます。


また、買い物カゴも乗せることができるため、スーパーなどでも重宝します。

■組み立て寸法:幅45.0×奥行54.0×高さ82.0〜94.0cm(5ポジション)
■折りたたみ寸法:幅45.0×奥行32.0×高さ75.0cm
■座面寸法:幅27.5×奥行22.0×高さ39.0cm
■重量:5.3kg
■材質 本体:アルミ、座面/袋/背もたれ:ポリエステル
■最大使用者体重:80.0kg
■最大積載荷重:8.0kg
■SG取得商品

エヴォーク
座面下にたっぷり荷物を収納!実用性に優れたショッピングカート

荷物に強いシルバーカーエヴォーク

収納部分はたっぷり20リットルまで収納が可能。お買い物も安心です。また、座面の奥行は32cmと広めにとっているため、お買い物の後の小休止にゆったりと休めます。

■組み立て寸法:幅50.5×奥行60.0×高さ81.5〜90.0cm(5ポジション)
■折りたたみ寸法:幅50.5×奥行46.0×高さ76.0cm
■座面寸法:幅32.5×奥行32.0×高さ47.0cm
■重量:5.8kg
■材質 本体:アルミ、座面/袋:ポリエステル
■最大使用者体重:100.0kg
■最大積載荷重:12.0kg
■SG取得商品

 

テイコブボルサDX
お買い物に便利。大容量のバスケットモデルショッピングカート


収納部分は大容量の22リットルまで収納が可能です。また、目隠しにもなる汚れ防止カバー付きのため、人目も気になりません。組立時には座面を下ろすだけで自動的にロックが掛かります。


カバーは赤、青、黒の三色から選べます。

■組み立て寸法:幅50.0×奥行56.0×高さ82.5〜91.5cm(4ポジション)
■折りたたみ寸法:幅50.0×奥行33.5×高さ89.0cm
■座面寸法:幅33.0×奥行29.0×高さ47.0cm
■重量:5.5kg
■材質 本体:アルミ、座面蓋:ポリプロピレン、袋:ポリエステル
■最大使用者体重:100.0kg
■最大積載荷重:10.0kg
■SG取得商品

 

テイコブナノン
小柄な方から背の高い方まで対応。
「持ち運びをなるべく楽に」そんな想いから軽さにこだわり、一般的なシルバーカーの重量5kg前後の約半分まで抑えました。バスの乗り降りや階段などの上り下りも安心です。

【テイコブナノン】は手元駐車ブレーキやダブルキャスター等、便利機能が標準装備されて2.7kgを実現した超軽量シルバーカー。押し手の高さは71.0〜88.0cmの間で8段階の調整が可能で小柄な方から背の高い方まで幅広く対応。小物の出し入れに便利なバッグ付きでリーズナブルなプライスを実現。

■組み立て寸法:幅41.0×奥行51.5×高さ71.0〜88.0cm(8ポジション)
■折りたたみ寸法:幅41.0×奥行24.5×高さ63.0cm
■座面寸法:幅27.0×奥行19.5×高さ48.0cm
■バッグ寸法:幅21.0×奥行13.0×高さ22.0cm
■重量:2.7kg(バックは除く)
■材質 本体:アルミ、座面/袋:ポリエステル
■最大使用者体重:80.0kg
■バック最大積載荷重:2.0kg
■SG取得商品

スタッグ
黒基調のフレーム。コンパクトでスポーティなショッピングカート
まるでロードバイクのようなスポーティーなボディ。側面にはかっこいいロゴが入っています。
座面を下げれば椅子に早変わり。手元にはブレーキ付きで操作も簡単です。

【スタッグ】は黒を基調としたフレームで構成されているのでシルバーカーにあまり馴染みが無い男性にも抵抗無くお使い頂けます。又、着ている服装にも合わせやすいので女性にも人気があります。押し手の高さが96.5cmまで設定できるので背の高い方でも負担なく御使用頂けます。グリップから手を離さずにボタンを押すだけのワンタッチ駐車ストッパーで安心。レバーを下に下ろすだけで簡単折りたたみ、組立もレバーを上げるだけの簡単操作。

■組み立て寸法:幅51.5×奥行55.5×高さ81.5〜96.5cm(7ポジション)
■折りたたみ寸法:幅51.5×奥行30.5×高さ88.0cm
■座面寸法:幅26.0×奥行23.0×高さ47.0cm
■重量:4.9kg
■材質 本体:アルミ、座面:塩化ビニル・綿
■最大使用者体重:100.0kg
■最大積載荷重:15.0kg
■SG取得商品

 

シルバーカーの選び方スペック表

介護保険は使える?

基本的にシルバーカーには介護保険は使えません。
歩行が困難と認定された要介護1,2の方は歩行器は対象になりますが、要介護認定を受けるほどでなく、自立して歩行が可能な方は利用できません。

注意したいポイント

シルバーカーは利用の頻度や日常生活、体とサイズのバランスなど、実際の利用をイメージして選ぶことが大切です。
使いやすいものでないと使うのが億劫になり、外出の頻度が下がってしまうかもしれません。
上手に選んで外に出ることを楽しんでいきましょう。


参考
一般財団法人製品安全協会
日本福祉用具・生活支援用具協会